太陽光発電(ソーラーシステム)・次世代球状太陽電池の技術開発 クリーンベンチャー21

技術情報|集光型球状太陽電池について

集光型球状太陽電池とは

  • シリコンを溶融、球形化させるため
    生産性が高い。
  • シリコンの切削工程が無く、集光構造のため原材料が少なくてすみ、製造コストが低い。
  • 結晶シリコン利用のため、変換効率が高く、
    光劣化が無い。
  • 基板にアルミを採用しているため割れない。
    また、曲げることが可能。
集光型球状太陽電池

開発コンセプト

従来の結晶系シリコン太陽電池に比べ

  • 製造コスト1/5以下
  • シリコン原材料1Wあたりの使用量1/5以下
  • プロセスのエネルギー消費量1/2以下
  • 同等の性能/信頼性の実現
  • フレキシブル対応
結晶系シリコン太陽電池

集光型球状太陽電池の高効率化要素技術

  • シリコン球の高品質化
  • テクスチャー光閉じ込め構造の導入
  • バルクパッシベーションによる欠陥の不活性化
  • 表面パッシベーションによる表面再結合の低減
  • 導電性反射防止膜の低抵抗化
  • 基板反射鏡構造の最適化による集光率向上
集光型球状太陽電池